施工図とブラジル土産

しばらく会えなかった友人に、前回のブラジル旅行でのお土産をやっと渡すことができました。
職場なんかは食べ物でも大丈夫ですが、
いつ会えるかわからない友人には雑貨や日持ちするものを買ってくるようにしています。
そんなこんなで会う予定ができたので、お土産片手に遊びにいったのですが、
お土産を包んでいた紙がどうやら施工図のようでして、建築家の友人はとても興味深くながめてました。
お土産よりも喜んでくれて複雑(笑)

ジェネシスと名乗るガイドさん

ブラジル旅行で印象に残っていることのひとつにツアーガイドさんのことがあります。
彼の名前はジェネシスと言い、ブラジルの名前と明らかに違うのでおそらくニックネームですね。
ガイドの仕事をしながら彫刻家もしているとのことでした。
日本語も片言ですが話せるのは、日本の美大へ短期留学したことがあるからだそう、
日本人好みのお土産や飲食店、観光スポットをたくさん紹介してくれました。
今度行く人には紹介したいくらいです。

菅原一秀氏とダンス、ブラジルと言えば?

ブラジルといえば半数以上の日本人が「サンバ」とこたえるのがお約束ですよね。
日本でダンスを趣味にしている人のサンバ人口も確かかなり多かったように思います。
昨日たまたま菅原一秀議員を見かけましたが、
彼は若い時にダンスで確かSAMとTVに出ていませんでしたっけ。
男性でダンスができる人ってかっこいいですよね。
女性がメインのダンスと男性がメインのダンスがありますが、だいたいは女性がメインですね。

これはいわゆる市場でいう定性リサーチ。

お土産は何するかの前に、何故お土産を買うか?を考えたことがあるでしょうか。
これはいわゆる市場でいう定性リサーチですけど、潜在意識を考えてお土産を買うべきだと思うのです。
ブラジルに行ったからといって「取り合えずチョコレートで」ではダメだと思うんです。
そもそも誰に、それを買ったらどのような効果が期待できるか、
考えれば「取り合えずのお土産」ではなく、「このお土産でないと」とでき、
買う側・貰う側双方にメリットが生まれるはずです。
と、ここまで書きましたが、上げないよりは上げた方がいいですし、
必ずしも目当てになるものがある訳でもないので、
「取り合えず」になってしまうことは多いですよね〜。(泣