夏が本格的になってきて、冷たいものばかりがぶ飲みしているわけですが、
どういうわけか歳なのか、お昼頃から暖かいお茶を飲みます。
なぜかというとお腹が負担を感じているのが手に取るようにわかるから。
日本は四季がはっきりしていて、夏には「冷やし中華はじめました」が町に溢れるくらい、
みな冷たいものを求めたくなりますが、そんな感覚でブラジルなど一年中暑い国で、
年がら年中冷たいものを求めていたら、お腹が大変なことになりそうですね。
多分、給湯器も給湯器交換年数を大幅に遅れるくらい使わなくなってしまうのかも。恐ろしい。
とりあえず、冷たいものばかり取らないようにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です